qhsteeltube.com

ミンサー織は八重山諸島で発展した伝統の織物です。現代に合った小物も作られており、お土産にぴったりです。

ミンサー織は八重山諸島の伝統工芸

qhsteeltube.com 八重山諸島には、沖縄本島とはちょっと違う独自の文化があります。その一つがミンサー織です。ミンサー織は竹富島が発祥と言われ、主として八重山諸島で発展しました。もともとは男性の帯で、藍染が基本です。愛を表す四角形の組み合わせを模様に織り込み、女性が男性へ贈る婚約の証しでもありました。今でも竹富島や石垣島には工房があります。中には機織り体験ができる工房もあります。体験では、コースターサイズの布を織ります。指示に従って作業すれば、自分だけのミンサー織が完成します。多少ガタガタにはなりますが、旅のお土産にぴったりです。

最近のミンサー織は赤やピンク、ライトブルーなどいかにも南国らしい色遣いの小物が沢山あります。小物でも、模様の基本は四角形の組み合わせです。昔ながらの帯も素敵ですが、ちょっとしたお土産なら実用的な小物がおすすめです。工房の体験でも作れるコースターや小銭入れ、バッグやシャツなど様々な種類があります。ミンサー織では伝統の模様を生かしつつ、現代に合ったグッズが生み出されているのです。小物は値段も手ごろで、購入しやすいです。八重山諸島に足を延ばしたら、沖縄本島とはまた違う魅力を見つけるのがおすすめです。ミンサー織も、ぜひ探してみて下さい。

Copyright (C)2017qhsteeltube.com.All rights reserved.